イベントレポート:HAKA for KASHIWA(7/15開催済)

今年9月から日本で開催されるラグビーワールドカップ。柏市ではニュージーランド代表“オールブラックス”が2019年9月10日(火)~14日(土)にかけて事前キャンプを実施します。

これに先立ち、ニュージーランド代表オールブラックスが試合前に舞う踊り「ハカ」の柏市バージョンを継承するイベント「HAKA for KASHIWA」が7月14日(日)~17日(水)にかけて柏市内各地で開催されました。

今回の最大のみどころは柏市のために考案されたオリジナルハカ「HAKA for KASHIWA」の伝授。
ニュージーランド・オークランド在住のラグビーコーチでマオリ族出身のカール・ポキノさんより継承され、多くのラグビーファンや柏にお住いのみなさんが子供から大人まで集まりました。

今回の記事では、7/15(月・祝)にkamonかしわインフォメーションセンターで開催された時の様子をお伝えします。

イベントの様子

カール・ポキノさん

今回のイベントでは、まずポキノさんの挨拶とオールブラックスが実際に試合前に演舞しているハカの披露から始まりました。

「HAKA for KASHIWAには『柏のみんなの力を合わせて生きていこう』という願いが込められています」との解説がありました。参加者も熱が入ります。

練習に熱が入る参加者のみなさん

そして“HAKA for KASHIWA”の実演があり、参加者のみなさんもポキノさんやコーチ動きに合わせて一緒にチャレンジしました。皆さんとても楽しそうに取り組んでいました。

HAKA for KAHIWAの披露

柏市ラグビーフットボール協会の方は「9月のオールブラックスの事前キャンプがあることで柏市内でもラグビー熱が高まっています。これを一時のブームで終わらせるのではなく、今回伝えていただいた柏のハカが柏市内に広まって、根付いたらいいなと思っています。例えば10年後、20年後にラグビーをよく知らない柏の人でも柏のHAKAを知っていて、踊れるという状況になっていたらいいですね。」と話していました。

私も参加してみて「
普段からスポーツをきっかけにした文化交流は大切だ」と感じました。オールブラックスの事前キャンプが、そしてHAKA for KASHIWAが広まるのが楽しみですね!

みんなで創る! 柏の情報ワンダーランド

Kamon かしわインフォメーションセンター

かしわインフォメーションセンターは柏駅前にあり、誰もが気軽に立ち寄れるまちの情報拠点、「柏のまちのコンシェルジュ」として、柏市内を中心に近隣市町から千葉県各地の地域・観光情報のご案内と情報提供をしています。

\ SNSで記事をシェアしよう /

FEATURES

編集部おすすめの特集記事