企画展「ユネスコ世界記憶遺産 ―次の世代に伝えたい― 平和の尊さ イラスト展」開催のお知らせ


シベリア抑留の生存者、木内信夫さん(95歳・柏市在住)が体験した第二次世界大戦、戦後3年間のシベリア抑留のイラスト展を開催します。
寒さと飢えのなか重労働を強いられながらも、敵であり自身を監視する立場である相手を、ただ一対一の、気持ちの通じあう人間として描いています。
次の世代へわかりやすく伝えたいという想いから描いたイラスト40枚が、2015年10月、「ユネスコ世界記憶遺産」に登録されました。

また期間中、木内信夫さん・正人さん親子による貴重な講演会を開催いたします。

ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしております。

企画展概要

イベント名ユネスコ世界記憶遺産― 次の世代に伝えたい ―平和の尊さ イラスト展
開催期間2019年8月6日(火)~15日(木)
会場kamonかしわインフォメーションセンター
休館日なし

「平和の尊さ」講演会 概要

開催日時8月10日(土) 14:00~15:30
場所kamonかしわインフォメーションセンター
入場料無料

 

みんなで創る! 柏の情報ワンダーランド

Kamon かしわインフォメーションセンター

かしわインフォメーションセンターは柏駅前にあり、誰もが気軽に立ち寄れるまちの情報拠点、「柏のまちのコンシェルジュ」として、柏市内を中心に近隣市町から千葉県各地の地域・観光情報のご案内と情報提供をしています。

\ SNSで記事をシェアしよう /

FEATURES

編集部おすすめの特集記事