One glass Before go home (家に帰るその前に):Vol.3 Barに種類ってあるんだ?

皆さん、今日もお仕事、お疲れ様です。
柏洋酒文化広報部です。

体が疲れているときは、風呂やマッサージ。心が疲れているときはBarなどいかがでしょうか?
でも、Barって種類があるって知っていましたか?

■そもそも「Bar」の言葉の由来は?

一口にBarといってもお店のスタイルは様々。ちなみにBarの定義はカウンターがあるか、やバーテンダーがいるか、などがありますが、「Bar」という言葉自体はカウンターに足をかける棒(Bar)からきているのだそうです。(諸説あります)
 
当初はBarではなく、「SALOON(酒場)」と呼ばれていました。日本では、酒場の意味だけを捉えて、酒を提供するカラオケ点や風俗店、娯楽を提供する店なども「バー」や「パブ」など言われている時代もありましたね。
 

■どんな種類があるの?

フードメインでカジュアルなお店を「ダイニングバー」、ドリンクメインでクラシックなお店を「オーセンティックバー」と呼ぶことがあります。オーセンティックとは「正式な・正統な」という意味を持ちます。しかし、近年では店の内装はカジュアルにしつつも、サービス内容はオーセンティックというスタイルのお店も増えてきています。
そして、以下のような呼び方があります。

オーセンティックバークラシックなテイストのバー、テーブル席よりもカウンター席の利用が多い。
ラウンジバーホテルなどのラウンジに併設されるバー、テーブル席・カウンター席共に充実している。
ウェイティングバー待ち合わせなどに利用されるバー、レストランに併設されていることもある。
カフェバースイーツやコーヒーなどとマリアージュしたメニューが多い。
ショットバー1杯売りをする店の総称、店の雰囲気を指す言葉ではない。
ダイニングバー料理を主軸にしたお店が多く、ソファー席・テーブル席などの利用が多い。

 

他にもエンターテイメント性を高めたBarも出てきています。
 

プラネタリウムバープラネタリウムを投影しているお店。
図書館バー本が大量に置かれているお店。

 

大別すると
雰囲気で分ける「シック」「カジュアル」
メニューで分ける「フードメイン」「ドリンクメイン」
の選び方ができると思います。

心からのもてなし、バーテンダーの気遣いを感じる特別な空間

■Barに行くといくらかかるの?

お店や土地によって、値段は変わってきます。席料(チャージ)は500~1000円かかるところがほとんどです。そして、一杯の価格は900~1200円がほとんどです。高価なウイスキーなどを頼むと一杯1500~3000円というのもあります。そういうのは自分へのご褒美に。
柏エリアで2~3杯を飲んだとして、3000~4000円が一般的な価格です。

お酒を飲むのに3000円も?!と思うかもしれませんが、「時間」と「空間」の濃縮した体験の価値を私たちBAR LOVERは求めているのです。まだ、あの不思議な空間を体験したことのない人はぜひ、扉をあけてみてください。

次回は、

・お店に入ったらどうしたらいい?/何を頼んだらいい?

この記事を書いた人:柏洋酒文化広報部

柏のBarを愛し、洋酒を愛する有志が集まり、より多くの人に柏のBarや洋酒文化を知ってもらい、広く洋酒・Bar好きが集まる街にするために活動しています。
Barに関する情報を発信し、よりBarに親しみやすい環境作りを目指しています!

https://kashiwa.bar-culture.info

みんなで創る! 柏の情報ワンダーランド

Kamon かしわインフォメーションセンター

かしわインフォメーションセンターは柏駅前にあり、誰もが気軽に立ち寄れるまちの情報拠点、「柏のまちのコンシェルジュ」として、柏市内を中心に近隣市町から千葉県各地の地域・観光情報のご案内と情報提供をしています。

\ SNSで記事をシェアしよう /

FEATURES

編集部おすすめの特集記事