本との話 8:「本まっち柏」と「本と花の日@柏」

こんにちは、所英明です。

ホントの話、真冬の寒さがゆるみ、これから春だ!というところでの新型コロナウィルスの感染は辛いニュースですね。身の回りでも、友人知人が主催者になっているイベント等が次々と中止や延期になり、悲しいです。
まだ終息が見えない現在、緩みが見える政府には本気の対策を望みます。

今回は新刊書店に取材して、書店の未来について考えようか(いささかオーバーですが)、と思っていたのですが、趣向を変えて4月に予定しているイベントのご紹介をしてみたいと思います。4月にはウィルスの感染も終息していてくれ!……という思いも込めて。

■本まっち柏

軒先ブックマーケット「本まっち柏」については、このブログの第2回でも触れました。次回開催が4月19日(日)で、ぼくらスタッフは通称「春の本まっち」と呼び習わし、毎年この時期に開催しています。既に配布を始めている自慢のチラシをぜひご覧下さい。チラシ表面は一貫して新星エビマヨネーズさんのイラストです。毎回ホント、ぼくらも楽しみにしています。

タイトル下に「page17」とあるのは通算17回目の開催、ということの本まっち流の表記です。毎回40前後の出店者さんを募集し、主に柏市柏三丁目界隈(通称・裏カシ)のお店等にご協力頂き、その軒先をお借りして、ここに2店、ここは1店…と応募してくださった出店者さんを割り振っていきます。当日は裏カシ一帯の通りが古本ストリートと化すわけです。

裏面に書いてあるように、3月16日からいよいよ出店者の募集も始まります。誰でも出店可能です。家に読み終えた本はありませんか? 貴方もぜひ、ブックオフに持っていく代わりに(とか言うと怒られそうですが)本まっち柏に出店して下さい! 自分で本に値付けして、道ゆく人と対話しながら本を売る。古本屋さんごっこは楽しいです。

■本と花の日@かしわ

感謝の気持ちは、本と花の形で伝える

ところで、本まっち柏のチラシ表面には縦書きで「柏サン・ジョルディの日に同時開催」と書いてあります。実は、これが「本と花の日@柏」のことなのです。少し前まで、こう呼んでいたのですが、もう少し分かり易い呼称に変えたのです。

実は正式なチラシの作成はこれからなのですが、ちょっと急ぐ理由があり、大急ぎで暫定的なチラシを作成しました。まずはそれをご覧頂くと嬉しいです。

そこにあるように、『4月23日はユネスコの「世界本の日」や、日本においても「子ども読書の日」に指定されています。スペイン・カタルーニャ地方では、毎年この日に大切なひと同士で本や花を贈り合う「サン・ジョルディの日」という風習があり、大変賑わいます。
この風習をもとに「本と花の日」として、柏から全国のまちで開催されることを目指します。』
というものです。

大切な誰かに、感謝の気持ちを伝える、その手段としての「本と花」。

このイベントは、このブログの第4回でご紹介した柏まちなかカレッジと柏まちなか図書館のグループが昨年から会議を重ねて検討してきたものです。
開催は、4月23日の直近の日曜日として19日、つまり春の本まっちと同日開催です。場所は柏駅東口マルイ前のウッドデッキです。

詳細はまだまだこれから詰める段階ですが、

  • 紙芝居「ドラゴンのバラ」上演
  • 「しばわんこ」で人気の川浦良枝さんのサイン会・本まっち柏(ウッドデッキにも5店ほど出店予定)
  • 生け花ワークショップ       
  • バラの絵のライブペイント
  • バラの折り紙ワークショップ    
  • アコーディオン生演奏

その他、本の渦、という説明し難い企画や、まだ詳細をお知らせできる段階ではありませんが、市内大型書店さんにも企画でコラボして頂けることになりそうです。

何しろ初めての試みで、何がどうなるか分かりませんが、今のうちにスケジュールに入れておいて下さい。ただ、本まっちも、本と花も、雨天の場合は中止です。野外のイベントは、特に本のイベントは、雨に弱い。これは常に悩みです。

■本屋さんのある暮らし

さて、今回のブログも本や著者の紹介コーナーはなしです。5回目までは文末に付録みたいに付けていたのですが、本文がどんどん長くなっていき、予定の文字数を毎回超えてしまうので、最近はパスしています。

つい先日、前々回の記事で触れた柏の素晴らしい古書店「太平書林」に久々に足を踏み入れました。

店内は心持ち以前より整理されていて(それでも所狭しと本の山ではありますが)、お客様も入れ替わり立ち替わり訪れている様子です。そして、ひとりの男性が店主の坂本さんに気軽に話しかけ、坂本さんも面倒な素振りもなくにこやかに応対していました。ぼくも思わず一言くちを挟みました。

そう言えば、昔は普通だったよな、こういう光景。
と、そう思いました。



春の「本まっち柏」            
 https://www.facebook.com/events/2835641123182980/
本と花の日@柏
 https://www.facebook.com/events/803652536718640/

この記事を書いた人:所英明(ところ ひであき)

元私立大学事務職員。現在は柏市地域支援課の地域づくりコーディネーター及び柏アーバンデザインセンターUDC2のディレクター。「柏おやじ図鑑」(2013~1016)、かしわ子育て応援情報誌「Touch」(2018)の編集も。
いわゆる市民活動として、軒先ブックマーケット「本まっち柏」代表、カシワ読書会主催、柏図書館メイカーズ、柏まちなか図書館、柏まちなかカレッジのスタッフも。
本が好き。猫が好き。楽器が弾け、料理がうまい人に、尊敬の眼差し。精神年齢は三〇代で停止。オトナになることには諦めの境地で。

みんなで創る! 柏の情報ワンダーランド

Kamon かしわインフォメーションセンター

かしわインフォメーションセンターは柏駅前にあり、誰もが気軽に立ち寄れるまちの情報拠点、「柏のまちのコンシェルジュ」として、柏市内を中心に近隣市町から千葉県各地の地域・観光情報のご案内と情報提供をしています。

\ SNSで記事をシェアしよう /

FEATURES

編集部おすすめの特集記事