ドイツ人留学生マルテの『つながるまち歩き』10:美術の拠点

English Version:From the View of Art

中村順二美術館

美術の拠点

世界の価値

柏には美術館がない」と思っている人も多いと思いますが、でも実は、素敵な美術館がありますよ。『中村順二美術館』はとてもアットホームなところです。館長の中村勝さんがダウン症を抱えていた息子・順二さんの作品を展示するために設立して、それから柏内外の多くのアーティストが企画展で様々な作品を展示しています。順二さん他、アーティストの目で世界を見ると、普段考えないことや特別ではないと思っていたことにも新たな美の発見があるかもしれません。たまに自分の目線を変えるだけで、価値観が大幅に変わる可能性があると思います。

地球の香り

中村順二美術館は「丸い」と「真っ直ぐ」の建築要因の組み合わせが素敵。外から見ても建物自体が芸術作品です。扉が重くて、開けるために力を入れなきゃいけないです。最初の瞬間から「この美術館は個性で溢れている」と思いました。 館内は自然な木材と土のような香りが特別です。昔、野菜の農家だった私のおじいさんの家のような香りで、とても懐かしい気持ちが浮かび上がります。使われた木材に強くこだわりがあり、美術館の建設には3~4年もかかり、館長の息子さんへの愛はすべての空間、館内と館外で伝わってきます。

息子のため

順二さんが亡くなって、高校教員だったお父さんの中村勝さんは数年早く引退し、息子の思い出を残すためにこの美術館を作りました。順二さんはもともと色彩感覚に優れたようで、保育園の頃から絵を描き始めました。現代のダウン症平均寿命は60歳だけど、順二さんは若すぎる27歳で亡くなりました。短い生涯で信じられないぐらいの数、500点以上もの作品を残しました。順二さんの絵を見ると確かにきれいな色合いが目立ち、他の人には見えないカラフルな世界が順二さんの目の前に広がったのだろうと感じます。 2003年に開館し17年間頑張ってきた中村館長は、これからも健康が続く限り「順二さんへの愛」と「順二さんから世界への愛」を広め続けたいと考えています。

美術館では企画展やレンタルギャラリーもありますが、他の展示がないときは順二さんのコレクションから30~40枚の作品が館内のすべてを輝く色に染めます。展示作品も定期的な入れ替えが行われるので、ぜひ何度も見に行ってください。

自分の手で

愛を込めて作られたモノの味は特別ですね。建物も順二さんへの愛で溢れていますが、それだけに留まりません。予約すれば、同館のCafé Arte(カフェ・アルテ)で中村館長が打った手打ちそばも食べられます。美術館と同じように愛を込めて作られたそばはより一層美味しくなります。美味しいそばと絶品の天ぷらはかなわない組み合わせです。食後には、順二さんのお母さんである中村宮子さんがコーヒーゼリーと紅茶も持ってきてくださいます。細かいところにこだわり、順二さんの作品がロゴとして様々なお皿、スプーンなどを飾ります。たくさんの話をしながら、リラックスした一時を過ごせます。

コミュニティカフェ

Café Arteはただのカフェではありません。順二さん本人の写真や順二さんが使っていたモノ(筆)、描いた作品でいっぱいです。私が行ったときは企画展開催中だったため、順二さんの作品はこのカフェで展示されていました。壁の温かい照明が作品をさらにきれいでカラフルに見せます。壁の緩やかな曲線が奥行きを深く感じさせ、入口から見るとカフェの空間自体も絵のようです。

地域の人や柏の人はもちろんよくカフェに来ますが、それより広いコミュニティが存在します。同じような障害をもっている人たちや、その人たちの親や家族にとって、順二美術館が信頼できる拠点となっています。Café Arteでゆっくりお話して、普段の生活で同じような経験をしている人同士で情報交換もできます。ここは誰でもウェルカム、心がぽかぽか温かくなるコミュニティが存在します。

アートの世界

企画展でこの美術館を使うアーティストは柏出身の人のほか東葛地域のアーティストも多く、絵や写真から陶芸まで、様々な分野の芸術作品が展示されます。私が訪れた当日はさらに特別な芸術作品を目撃しました。中村館長の知人、いちかわただおさんが、わざわざ『佐倉宗吾一代くどき』という語りを演じてくださいました。私のように日本語ができていても、聞き取るのがかなり難しかったです。集中すればなんとなく伝わりますが、写真を撮ったりするか、一瞬だけ他のこと考えると、すぐわからなくなります。私の人生で初の語りで、面白い経験ありがとうございました。

美術館を超える

正直に言うと、私はなかなか美術館に行かない人です。しかし、美術館でどんな出会い、どんな経験が待っているのかは想像できません。中村さんご夫婦、長年この居心地の良い美術館を見守ってくださって、ありがとうございます。柏市民の皆さんも、ぜひ行ってみて、中村順二美術館でお会いましょう。

基本情報

「中村順二美術館」:

  • 住所:柏市大津ケ丘1丁目41-5
  • 電話番号:04−7191−2299
  • 利用時間:10:00〜18:00
  • 休館日:毎週月曜日、火曜日
  • URL: 中村順二美術館


掲載情報は2020年01月25日の取材時のものです。

掲載内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

取材・執筆・撮影:デットジェンス・マルテ

2012年から在日しているドイツ人留学生のマルテです。マルちゃんで大丈夫です。

麗澤大学を卒業して、今は東京大学の柏の葉キャンパスで研究しています。

柏の優しい人が大好きです。柏の色々な場所やイベントを取材して、さらに柏のこと好きになりました。
記事や写真を通して、柏の綺麗な自然と人々の活動を紹介して、他の人も柏のこと好きになることを願っています。

みんなで創る! 柏の情報ワンダーランド

Kamon かしわインフォメーションセンター

かしわインフォメーションセンターは柏駅前にあり、誰もが気軽に立ち寄れるまちの情報拠点、「柏のまちのコンシェルジュ」として、柏市内を中心に近隣市町から千葉県各地の地域・観光情報のご案内と情報提供をしています。

\ SNSで記事をシェアしよう /

FEATURES

編集部おすすめの特集記事