シェアする暮らしで人生は豊かになる1:-〈柏市にほど近いエリア!〉千葉県でオススメのシェアハウス5選〈どんな暮らしをしたいかで選ぼう!〉


20代から30代の若者を中心に、住まいとして人気を集めている「シェアハウス」という暮らし方。その暮らしはブームになるほどで、都心を中心に多くの若者に人気の暮らし方です。

シェアハウスで叶う暮らし方とは。

シェアハウスはなぜ多くの人に支持されているのでしょうか。
近年ではシェアリングエコノミーが進み、
モノだけでなく暮らし方もみんなでシェアする時代になってきました。
そんな時代のニーズに応えているのがシェアハウスという暮らし方です。

シェアハウスのメリット1・家賃が抑えられる!

シェアハウスは1人ではなく数人で1つの家、または部屋をシェアするため、
家賃が抑えられるというメリットがあります。

初期費用だけで見ても、1人暮らしだと、礼金や敷金、仲介手数料に加えて、
冷蔵庫や洗濯機やベッドなど家具家電まで揃えると総額40万-50万もかかることも。
しかしシェアハウスだと通常は初期費用と前家賃で10万円以下で引っ越しができます。

シェアハウスのメリット2・今まで出会うことがなかった多種多様な人たちに出会うことが出来る!

一人暮らしをしていると寂しさを感じることはありませんか。
会社と自宅を往復するだけの生活では、
寂しさや人との交流にマンネリ化が起きることも。

特に現代では、メールやLINEでやり取りを済ませることも多く、
直接顔を合わせて話す機会が減ってきています。
シェアハウスなら人と顔を合わせる機会が自然と多く、
自然なコミュニケーションが生まれます。

話したい時に話し相手がいるというのは、とても心強いもの。
また、普段出会うことの少ない異業種の人や外国人と出会うこともできるシェアハウスでは、人との出会いにマンネリすることもない!
様々な人と交流を深めることで刺激を受け、
仕事のモチベーションが上がったり、新しい夢にチャレンジしたりと、
人生の選択肢が増える可能性もあります。

そんな今話題のシェアハウス。

この記事では、千葉エリアでオススメのシェアハウスをご紹介!
特にかしわインフォメーションセンターブログをご覧の皆さんへ、
ご紹介は柏駅からほど近いエリアに絞りました。
おすすめシェアハウスではどんな暮らしが出来るかも合わせてご紹介します。

それではスタート!

1・DKハウス松戸

<家ナカ留学!程よい人との距離感を保ちながら国際交流を楽しみたい方へおすすめ>

松戸駅から徒歩8分・全164室と、国内最大級規模のシェアハウス!
大型物件の面白い所は、もはや家と言うよりもひとつの町や村と化してしまう少し都会的な距離感があるところです。そのぶん、出会いもたくさん!国籍はもちろん、多種多様な人たちが集うこと、毎月新しいメンバーが入居するから、出会いを楽しみたいと思う人にもぴったり。ブランコがついた中庭も素敵です。

運営会社はシェアハウスの老舗管理会社「第一恒産株式会社」ハウスにはバイリンガルマネージャーが常住しているので、何かあった時も安心です。

2・シェアハウスドーミー南柏

<屋内テントやハンモックが充実・アウトドア好きのためのシェアハウス!>

屋内テントやハンモック、自転車チューニングルームやボルダリングスペースなど、各フロアにアウトドア好きの人たちのためのシェアスペースが用意されたシェアハウスです。南柏から徒歩8分の閑静な住宅街の中にある立地なので静かに暮らしたい人にもぴったりかも。

運営会社は学生寮や一人暮らし用物件紹介なども行う不動産会社「共立メンテナンス」都内にも大型の物件を管理している不動産会社です。

3・絆家シェアハウス#HASH196

<千葉県最大級規模!世界の食卓をコンセプトにした国際交流のある暮らし>

100人規模の国際交流シェアハウス#HASH196は、2019年にオープンしたばかりのシェアハウス。
JR常磐線柏駅より徒歩12分にあります。
コワーキングスペース、アトリエ、座卓リビングなど共有部分の充実はもちろん、「世界の食卓」をコンセプトにしているので、毎週入居者の皆さんで
世界中の郷土料理を楽しむ食卓の場があるのだとか。

運営会社はコミュニティ作りに特化したシェアハウス会社「絆家シェアハウス」コミュニティ重視派シェアハウスなので、シェアハウスでの交流を楽しみたい方にはぴったりです。

・ソーシャルレジデンス船橋

<都心まで40分!優しい素材に包まれた暮らし>

木のぬくもりに包まれたデザインのシェアハウス「ソーシャルレジデンス船橋」はJR総武線下総中山駅から徒歩2分の立地にあるシェアハウス。
ワークスペースや床座ができる小上がりスペースなど、共有部分の充実さが特徴です。

運営会社は日本最大手のシェアハウス会社「オークハウス」
老舗の管理会社のため、運営面での安心感がありますね。

5・ARDEN津田沼EAST

<シェア住居専用に設計・新築された英会話シェアハウス>

最後にご紹介するのは、今回紹介する中で一番小規模物件のARDEN津田沼EAST。
ARDENは都内を始め関東圏内様々なエリアで展開していますが、英会話をコンセプトにしており実際に月に2回ほど入居している外国人の入居者さんと英会話アクティビティを行なっているそうです。
13名と小規模なのでアットホームに暮らしたい方にもぴったりです。

運営会社は株式会社シェアスタイル。
ゲストハウスの運営に特化した会社で、関東各地に小規模物件のシェアハウスを運営しています。アットホームに暮らしたい方は、ARDENへ!

 

シェアハウスは立地や家賃価格で選ぶ以上に、どんなライフスタイルを送りたいかで住まいの形を選ぶことが出来る、新しい暮らしの選択です。
新しい春。出会いと成長を求めて、自分の理想のライフスタイルにあったシェア生活へ飛び込んでみては。

以上、千葉県でオススメのシェアハウス5選を紹介させていただきました。

 

 

この記事を書いた人:平岡 雅史(ひらおか まさし)と絆家の仲間たち

1982年岐阜生まれ名古屋育ち。

インテリアメーカーに5年勤めた後、独立し、シェアハウスの運営とイベント事業を立ち上げる。

現在は、「第二の家族を作る」をテーマにした体験型コンセプトシェアハウス「絆家(きずなや)」の共同代表として、東京・千葉・大阪・神奈川で全11棟350人規模でシェアハウスを運営。

「まーしー」のニックネームで親しまれ、結婚後も最愛の妻と2歳の息子と、100人のハウスファミリーと一緒に柏の国際交流型家族シェアハウス「#HASH196」で暮らす。

おじいちゃんおばあちゃんになってもシェアハウスで暮らし続けたいという大のシェアハウス好き。

■絆家シェアハウス: https://kizunaya-s.com/
■Facebook: https://www.facebook.com/kizunaya/
■インスタ :https://www.instagram.com/kizunaya_sharehouse
※毎日のシェアハウスの暮らしをインスタで発信中!

みんなで創る! 柏の情報ワンダーランド

Kamon かしわインフォメーションセンター

かしわインフォメーションセンターは柏駅前にあり、誰もが気軽に立ち寄れるまちの情報拠点、「柏のまちのコンシェルジュ」として、柏市内を中心に近隣市町から千葉県各地の地域・観光情報のご案内と情報提供をしています。

\ SNSで記事をシェアしよう /

FEATURES

編集部おすすめの特集記事